あげたいモノが見つかる『ぎふとん』

「ちょっとだけいいものをあげたい」をコンセプトに、おすすめのギフトを紹介していくブログです。管理人のどうでもいい記事も書きます。

一つのグラスに描く花鳥風月。クラフテリア 吉村さんに作品へのこだわりを聞きました。

今回紹介するのは”Crafterior”(クラフテリア)さんです。

サンドブラストという手法で自然や動物などの模様がデザインされたグラスを中心に制作・販売されています。

f:id:gifton:20170831222655j:plain
大輪華【縹群青】

f:id:gifton:20170831222535j:plain
梅と鶯の春恋グラス

 

サンドブラストとはその名の通り、砂を吹き付けてガラスや金属を研磨して加工する方法です。吹き付ける砂の大小や強弱によって、微妙な変化をつけることができるのだそう。 

 

f:id:gifton:20170831222030p:plain

”Crafterior”さんのHP 

どれも細やかなデザインが施されいて、見ているだけでうっとりしてしまいます。

お酒とセットで「今夜はこれで晩酌しようよ」ってプレゼントしたら、お父さん絶対泣きますよ。
子供いないけど、30年後を想像して今ちょっと泣きそうですもん。

 

ぼくが涙ぐむくらい綺麗なグラスを作っているのはどんな方なんだろう?と気になりまして、こちらのグラスを制作されている吉村さんにインタビューをさせていただきました!

minne.com

 

ーそれではまずサンドブラストでの制作を始めた経緯をお伺いできますか?

吉村さん:もともとは鉄・ステンレス・アルミ等の金属加工を行っていました。しかし、近年の業界の不況や不運(熊本地震や台風など)が原因で売上が落ち込んできておりました。

そこで、会社の余力があるうちに何か新しいことを始めなければと思い、考えた先がサンドブラストでした。

多くの選択肢の中からサンドブラストを選択した理由は、私の友人にサンドブラストでガラス作品を制作している人が居たこと。私自身が大学でデザインを先行していたこと。

そしてサンドブラストという技法がガラスだけではなく木材や石材、そして金属にも対応でき、本来の金属加工業へも応用が効くという、合理的?な判断でした。

f:id:gifton:20170831224326j:plain

ー新規事業に舵を切るのはとても大変なことだったかと思います。初めは苦労も多かったのではないでしょうか?

吉村さん:サンドブラスト制作開始当初の方向性については頭を悩ませました。

今でこそ、国産の被せガラス(切子等で使用される異なる色の多層構造のガラス)を用いたオリジナルデザインのグラスを主軸に販売していますが、最初期の頃は名入れグラス・フォトフレーム・写真彫刻といったものをメインに売り出そうとしていました。

しかしこれらは、競合相手も多く似通ったデザインのものになりがちで、思うように売上は伸びませんでした。

またこれらは制作の都合上どうしてもお客様との打ち合わせの過程が挟まり取引が長期化しがちでした。もちろん、こういった制作が得意な工房様もいらっしゃることとは思いますが、私とは致命的に相性が悪いものでした。

ーそういったなかで手応えを感じ始めたのはどういったときですか?かくいうこのブログも全く方向性が定まっておりません()

吉村さん:お客様との打ち合わせが必要な制作物の販売から、自分でデザインを考え制作する形態、作品の制作においてある意味自己完結型の制作方式に切り替えたことが1番の成功だと考えています。

常に新しいデザインを考え続けなければならない恐怖感との戦いですが、自分の納得の行く作品が完成し、またそれが世間のニーズや流行と噛み合った時の『やってやった感』はなにものにも代え難いものがあります。

ーその『やってやった感』、とても羨ましいです。このブログも世間のニーズと噛み合うといいのですが。。。

吉村さん:余談ですが、ここ最近の作品で1番完成度が高いと思っているものは『竹林と蛍火のグラス』になります。 


ーHPで拝見しました。とても美しいです。グラスの色合いや底のデザインに、しばらく魅入ってしまいました。

f:id:gifton:20170831225543j:plain
竹林と蛍火のグラス【紫紺山吹】

ー制作過程でこだわっているところを教えていただけますか?

吉村さん:グラス全体を通してひとつの作品として成立するような作品作りを心がけています。

さきほどの『竹林と蛍火のグラス』は、グラスの側面に竹林を配し、そして竹林の合間から満月が顔を覗かせる丸窓が垣間見える…といった作品です。

このように、側面と底面の見え方・関係性を考えながらそれ単体でひとつの世界観を構成するような作品作りを心がけています。

f:id:gifton:20170831224945j:plain


ーひとつの世界観、ですか。それお聞きしてから作品をみると、より一層味わい深いものがあります。さきほどおっしゃっていた”自己完結型の制作方式”だから到達できる完成度なのかなと感じました。

吉村さん:とはいえ、まだまだそう出来ていない部分も多いです。様々な色・形状ののグラスにもしっかりと世界観を投影できるよう精進している最中です。


ー吉村さんのお話を聞いていると、自分も頑張らねば!という気持ちになります。いきなりのご連絡でしたが、とても丁寧に回答していただきありがとうございました!

 

吉村さんの作品はクラフテリアさんのHPなどで購入することができますよ!
今回紹介した以外の作品もたくさんありますので、ぜひご覧ください。

こちらの記事もおすすめです!

www.creema.jp

 

それではまた次回! 

"木と人のぬくもり"を感じるごはんプレート。結婚祝いにおすすめです。

今回紹介するのは、こちらの木製のお皿です。

f:id:gifton:20170831185516j:plainカフェごはんプレート ・まる〈名入れ・オーダーOK〉

ハンドメイド作家の"tori to ki"さんの作品で、ウッドバーニングという手法で木材に絵を焼き付けているんだとか。

やっぱり木っていいですよね〜。写真越しでも温かみが伝わってきます。

このお皿に料理をのせると〜?

f:id:gifton:20170831185518j:plain

素敵やん。

こんな朝ごはんを出してくれる家庭、ぜったい素敵やん。

そんな「素敵な家庭を築いて欲しい」というメッセージを込めて、結婚祝いや出産祝いにプレゼントするのもいいですね。無料で名前やメッセージを入れることもできますよ!

 

こんな素晴らしい作品を作っている方はもれなく素晴らしい方だろう、ということで、今回はこちらの作品を制作・販売されている"tori to ki"さんにインタビューをさせていただきました!

minne.com

 

それではさっそく質問なのですが、ウッドバーニングでの制作を始めた経緯などをお伺いできればと思います!

木の風合いや、温かみがイラストにぴったりだなと思ったからです。ペンや筆とは違った、焼きながら書くという感覚も好きですね。ゆっくり刻み込むことで、気持ちを込めて描くことができるんです。

なるほどです。確かに陶器にプリントされた絵では出せない温かみを感じます。

f:id:gifton:20170831185745j:plain
作業中の風景

それでは次に、こだわっているポイントなどあれば教えてください!

ラッピングにも手作りの消しゴムはんこを押したシールを使っていて、色々なところで手作りの温かみを感じていただきたいなと思って制作しています。

また、絵を描く時には、喜んでもらえるかな、たくさん使ってもらえるといいなという思いで作っています。
買っていただいたお客様から、メッセージやお写真を頂けた時には、丁寧に作って良かったな、という気持ちで、こちらがハッピーをもらっています。

ええ話しや。。。このブログもそんなメッセージがもらえるくらい誰かの役に立ちたいものです。

そういったお客様とのやりとりで印象に残っているエピソードなどありますか?

以前、看板の制作を頼まれたときにお客様から頂いた言葉なのですが「最初は『目立つようにするには色をつけたものの方が良いのでは?』、『大きな板にウッドバーニングで描くのは難しいのでは?』と不安だったけど、出来上がった作品を見てみたらとても素敵だった!」と言ってもらえました。大きな作品で時間がかかって大変でしたが、お受けして良かったなと思いました!

看板の大きさに絵を焼き付けるのはとても大変そうですね。。。作品はもちろん、お客様が喜んでいることに喜びを感じる、という"tori to ki"さんもとても素敵だと思います!

この度はいきなり色々とお聞きしたにも関わらず、快くお答えいただきありがとうございました!


tori to ki"さんの作品はハンドメイドマーケット「minne」のショップにて購入することができますよ!
今回紹介した以外の作品もたくさんありますので、ぜひご覧ください!

それではまた次回!

minne.com

おみやげ屋さんに学ぶ営業テク3つ 〜僕はこうして「極上吉乃川」を買わされた〜

f:id:gifton:20170814190257j:plain

高い日本酒を買わされました

ギフトを紹介するブログとかいっといて全く紹介していないのですが、今回はやっとそれっぽいのを書こうと思って筆を取った次第です。


ということで!

今回ご紹介するのはこちら!(甲高い声で)

新潟県に90ある中でも最古の酒蔵!

450年の歴史が生み出した最高傑作「純米大吟醸 極上吉乃川」!!

yosinogawa.co.jp

なんでいきなり日本酒かというとですね、先日訳あって新潟県にいったんですよ。

その日は新幹線で来ていたので、駅構内にあるお土産やさんにふらっと入ったんです。するとおばちゃんが愛想よく「いらっしゃいませ〜」と出迎えてくれました。

しかしこっちはあと10分で出発する新幹線を待つために入店した購買意欲0の客。ラーメン◯郎のような、客を客とも思わない接客をしてくれたっていいわけです。むしろそのほうが、罪悪感を感じずに店を出ることができます。

ただそのおばちゃんはですね、日本酒コーナーで接客するためだけに少女の頃から英才教育を受けて育ったおばちゃんのようでして(知らんけど)、もうめちゃくちゃぐいぐい来るんですわ。

今思い返せば、おばちゃんの接客トーク3つのテクニックが駆使された、非常にハイレベルなものでした。

おばちゃんが駆使していた営業テクニック3つ

step1、「返報性の原理」で恩を着せまくれ!

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。 - Wikipedia

ぼくは上記の「純米大吟醸 極上吉乃川」を含め6杯ほど試飲しました。6杯といっても合わせたらおちょこ2杯分くらい?ではありますが、「こんなに飲ませてもらったんだから、何かしら買わなきゃ」という気持ちが芽生えはじめていました。

step2、「希少性」で不安を煽れ!

通販番組の「数に限りがございます」とかCMの「冬季限定販売!」とかそういうのでです。Webマーケティングなどの分野でも、「不安を煽る」というのは購買行動を促すための有効な手段として認知されています。

今回でいえば「1年に2回しかつくらないのですぐ無くなっちゃいますよ」って感じですね。ぼくの中には「購入しないと損をしてしまうかも」という気持が生まれてきました。こうなれば勝ちですね。人間は損をすることを非常に嫌う生き物ですから。

naruhiko1111.com

step3、「二者択一法」で相手の思考をロックしろ!

二者択一法のコツは、相手の「YES」を前提とした二択を提示することです。どちらか一方を選んでもらう事により、相手は「そもそもの前提」を覆しにくくなってしまうのです。

契約を迫りたい!好きな人を誘いたい!―二者択一法を使って色々な場面で応用できる|「マイナビウーマン」

この「純米大吟醸 極上吉乃川」、税抜き5400円という結構なお値段でして、さすがに買うのをためらっていました。そこに颯爽と現れたのが「純米吟醸 吉乃川」です。お値段なんと2700円(税抜)!お手頃な値段もあいまって、お店で1番売れているお酒なんだとか。

「この2つのどちらかを買うお客様が多いですね〜」とおばちゃん。

このときぼくの頭の中には「買わない」という第3の選択肢はありませんでした。

 

まあそんなこんなで、ぼくは2700円の「純米吟醸 極上吉乃川」を買ったのでした。

肝心の極上吉乃川のお味は?

純米大吟醸」のほうは試飲してみただけなのですが、もうね、これがめちゃくちゃうまい!飲みやすい!

 

飲み易すすぎて、もはや逆に水!すげーうまい水!(それはどうなの?)

ほんとなんていうか、「地下で1000年の時を経て濾過された水に、最高級の米の絞り汁を数的垂らした」みたいな味がしました。

すいません、舌があんまり賢くないもので、これが精一杯の表現です。

 

日本酒作りには”磨き”と言われる米を削って雑味の元となるタンパク質を取り除く工程があります。

大吟醸を名乗るためには50%、つまり米の量が半分になるまで削る必要があるそうなんですが、この「純米大吟醸 極上吉乃川」は米の量が40%になるまで削るんですって!

もちろんそのぶん米の量もたくさん必要になるし、手間もかかりますが、この工程があるからこそ出る味わいなんですね〜。

 

じゃあなんで「純米大吟醸」を買わなかったというとですね、試飲したとき確かに純米吟醸」のほうがおいしく感じたのです。


・・・いやほんとにほんとに!

高くて買えなかったから負け惜しみに言ってる訳じゃなくてね!

なんというか、米の味が濃かった!(気がする)

 

・・・この私に”地下で1000年の時を経て濾過された水に、最高級の米の絞り汁を数的垂らした味”と言わしめた「純米大吟醸 極上吉乃川」に勝るとも劣らない「純米吟醸 極上吉乃川」、こちらもぜひおすすめですよ!

 

種類の違いについてはこちらの記事がわかりやすいです。

www.osaketo.jp

 

後日、ブログを書くためだからしょうがないよね〜とか言いながら、共同創業者のKくんとともに、昼間っからこの「純米吟醸 極上吉乃川」を楽しもうと思ったのですが・・・

 

家に、おちょこがねぇ!(自宅のひと部屋を事務所として使ってます)

 

マグカップはさすがに論外だし、コップで飲むのもな〜ということで、おちょこを買うまでお預けにすることにしました。せっかく美味しいお酒なのでね。

次回は「お酒とセットで贈りたい!思い出に残るおちょこ5選」みたいな記事でも書こうかな〜。

商品を探しにハンドメイドインジャパン2017に行ってきました!

f:id:gifton:20170731000200p:plain 

さて、BASEでネットショップを作ったものの、実はまだ肝心の商品が見つかっておりません()

ということで、お店に置くナイスなギフトを探しに、ハンドメイド商品のマーケットプレイス『Creema』さんが主催する、ハンドメイドインジャパン(HandMade In Japan Fes 2017)に行ってきました!

hmj-fes.jp

早急に商品を仕入れなければとは思っているのですが、そもそも仕入れってどこで何をすればいいのか全くわからない。

市場に行って魚を買い付けて来る、みたいなイメージしかないんだが・・・

 

ということでネットショップの仕入れに関する情報をあさっていたら、素晴らしいサイトを見つけました。

blog.zxm.jp

このブログ、めちゃくちゃ参考になります・・・!

今はネットショップの方は休業されていて、スマホアプリの開発をされているそうなのですが、もう勉強になる記事が出るわ出るわ。

なんというかリアリティがにじみ出てます。この感じは単にノウハウを解説している記事には無いですね。

 

今回このハンドメイドインジャパン(HandMade In Japan Fes 2017)に行ったのも『はみ出るじぃーま』さんに書いてあったこちらの記事を見たからなんです。

これからネットショップの開業を考えている人はぜひ読んでみてくださいませ。

blog.zxm.jp

 

冒頭にこう書いてあります。

いや、だってネットショップ関連の本読むと、大体が「展示会に行ってみよう」って書いてるから。

 

よし、じぃーまさんがそう言うなら僕たちも行こう(思考放棄)

こういうのって、個人が取引のお願いをしても相手にされないと思って心配になりますが、記事をみると意外となんとかなるみたいみたいです。

こちらも記事を参考に、インクジェットプリンタで作った名刺もきちんと持っていきました。

 

さて、実際に会場に行っていると・・・

 

もうね

 

素敵な商品めっちゃあるー!!

 

仕入れとか抜きで見てるだけで楽しめるー!!

 

しかも皆さん、どこの馬の骨だか知らない僕の話を親切に聞いてくださるー!!

 

って感じでほんと行ってよかったです。

普通のお客さんもいるので、具体的な商談まではできませんでしたが、軽い自己紹介と名刺交換は皆さんこころよく応じてくれました。この機会を次に繋げたいですね。

声をかけるのはけっこう勇気が必要でしたが、何度かやってるうちに大丈夫になりました。こういうのって得てして最初の1回をやってしまえば意外といけちゃうもんですよね。

今回行ったハンドメイドインジャパンは企業向けの展示会とは違ってほとんどが一般の方のようでしたが、商品発掘に向けてとても大きな一歩でした。

 

それでは、今回のハンドメイドインジャパンで「これは!」と目に止まった商品とともにお別れです。また次回。

 

まずは自己紹介。ギフトを紹介するブログ、始めます

f:id:gifton:20170725000549j:plain

初エントリということでまずは自己紹介。

次に『ぎふとん』とはなんぞや、ということですが

おすすめのギフトを紹介する”ブログ”(このブログです)、そしてその商品を気に入った人が実際に購入できる”ショップ”、この2つをまとめて『ぎふとん』という名称で展開していこうと考えています。

そして、その『ぎふとん』のブログを主に担当するのが自分です。ほんとは共同創業者的な人がもう1人いるのですが、それはまたの機会に。

運営といっても、こないだようやくBASE(簡単にネットショップが作れるサービス。まじ簡単)でハリボテのようなネットショップを作ったばかりなんですが、これから色々と頑張っていこうと思っているわけです。

thebase.in

ということで、このブログは本来の目的であるギフトの紹介に加えて、ズブの素人がネットショップを運営したらどうなるか、という壮大な社会実験も兼ねてお送りできればと思います。

現時点ではショップに売れるものが1つしか置いてないので、とりあえずおすすめできる商品を見つけなければ・・・